2008年04月01日

ポメラニアン・チャッピーの異変

3月末の日曜日。
実家が家を建て替えをしており、ようやく「完成」という連絡を聞き
子供と一緒に出かけた。
距離は大して離れていないが、同居の義父母が帰宅するまでは
半日は空けていただろうか。

【桜開花宣言】も発表されたのにもかかわらず
寒の戻りで若干冷える。
季節の変わり目は人間も同じだが精神的、体力的に調子画悪くなりやすいのだろうか。

前の日も、朝も特に変わりないわんこたち。
マリーは相変わらずおてんばぶりを見せたりいたずらしては叱られたり。

その日の朝はチャッピーは食事を摂らなかった。

帰宅すると、母から「ひどい下痢で大変だった」とのこと。
チャッピーを見ると疲れた様子で寝ている。

その夜も食事は食べず
フード以外のものにも顔を背けてしまう。

胃に入っていないので下痢は頻繁ではないものの
今日は2回も嘔吐した。

水は飲むが、食事が摂れないので
栄養剤として「ニュートリカル」を与えていたので
強かったのか・・・・

以前体調を崩した目が見えにくく・・・という様子はないが
家族中が心配して、マリーも相棒が相手をしてくれないので
寂しそう。



犬のペットショップDog-search

ニックネーム とも at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする